MENU

AGAについて…そもそもAGAとはどんなもの?治せるもの?

薄毛に悩む男性は多くいます。そして、その薄毛の原因としてもっとも多いのがAGAです。
薄毛が気になるといえば育毛剤を思い浮かべる人も多いと思いますが、AGAだとそういったケアでは効果が無いと言われることもあります。
AGAとは何なのか、どうすれば改善できるのか、そんな気になるAGAについて知っておきましょう。

AGAについて…

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の5aリダクターゼの作用で、活性型男性ホルモンで強い脱毛作用を持つジビドロテストステロン(DHT)に変換され、髪を生やす毛母細胞の分裂を抑制、毛周期を短縮して発毛を阻害してしまう状態です。これにより髪の毛が細く短い状態になり、薄毛が進行していきます。
この作用はすべての毛に起こるわけではなく、前頭部と頭頂部に起こり、後頭部や側頭部には起こりません。そのため頭全体の髪の毛がなくなるわけでなく、生え際が後退してくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、その二つが混合したタイプで薄毛が進行していき、最終的に側頭部と後頭部に毛が残った状態になるわけです。

なぜジヒドロテストステロンが作られるのか

テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する5aリダクターゼは、頭皮の皮脂腺や毛乳頭という髪の成長に関わる部分に多くあり、そんな場所で作られるため薄毛が促進されてしまいます。
なぜそんな厄介なジヒドロテストステロンが作られてしまうのかというと、テストステロンが年齢と共に減少していくため、それを補う強力な男性ホルモンを体が作ろうとして、ジヒドロテストステロンが作られるからです。

なぜ個人差があるのか

男性ホルモンは男性だけでなく女性も持っています。それなのになぜ、AGAについてはなる人とならない人がいるのでしょうか。
まず、ジヒドロテストステロンを作る5aリダクターゼの量が人によって違い、ほとんど持っていない人もいます。そんな人は羨ましいことにAGAとは無縁です。
また、作られたジヒドロテストステロンに対する影響の受けやすさも人によって違い、感度が低い人はその作用を受けにくくなります。
これらは、もって生まれた体質、つまり遺伝によるものです。「ハゲは遺伝する」というのは嘘ではありません。
ただしAGAについては関係する遺伝子がX染色体上にあるので、父親のハゲが遺伝するのではなく母方からの遺伝になります。
※遺伝についてはまだ完全に解明されていないため、今後の研究で見解が変わる可能性もあります。

AGAはどう改善する?

AGAは男性ホルモンが大きな原因ですが、タバコ、食事、肥満、過度なダイエットなど生活習慣も関わってきます。また、筋トレやプロテインの摂取は、影響を受けやすい人の場合は薄毛に繋がることもあります。
こういった部分を注意しつつ、早めに治療を受けるのが大切です。
男性ホルモンが悪いといっても男性ホルモンは体に必要なものですから、自己流で減らそうとすると何が起こるか分かりません。
薄毛対策などを自己流で行って効果が出なかったり、状態が悪化することもあります。
さらに、薄毛でも、もしかしたらAGAではない可能性もあります。きちんと医師の診察を受けて原因をはっきりとさせ、適切な治療を受けましょう。
もしAGAなら「プロペシア」という効果の認められた治療薬も処方してもらえます。

 

 

 

自分がAGAかどうか知りたい人は、セルフチェックをしてみましょう。こちらのページで簡単なチェックを行えます。

AGAのセルフチェックで自分の薄毛をチェックしてみよう