MENU

薄毛対策に効果的な食べ物とは?薄毛対策に食事を変えよう

「近頃抜け毛が増えてきた…薄毛の前兆?」

「親戚にハゲが多い…ひょっとして自分も将来ハゲになる?」

・・・

まだ薄毛という訳ではなくても、薄毛の不安があるという人はいます。
かといってシャンプーや育毛剤に手を出すのは、お金もかかるので躊躇するかもしれません。
そんな人は、薄毛対策に効果的な食べ物を積極的に摂ることをおすすめします。髪は摂取した栄養で作られ、維持されるからです。
薄毛対策に効果的な食べ物で、薄毛を予防しましょう。
また、すでに薄毛になっている人も髪に良い栄養を取ることで改善が期待できます。育毛剤などの外側からのケアだけでなく、内側のケアも見直しましょう。

薄毛対策に効果的な食べ物

薄毛対策に効果的な食べ物というのは、髪の主成分タンパク質、髪を作る助けになる亜鉛、頭皮の健康のために必要なビタミンを含む食べ物です。

納豆

納豆をはじめとする大豆製品に含まれるイソフラボンは、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制できます。また、ビタミンB2など髪に良い栄養も含みます。
特に納豆の場合は「納豆キナーゼ」によって頭皮の血流を促進する効果を期待できます。

緑黄色野菜

ビタミンA、ビタミンB2など、髪にとって大切なビタミンが豊富です。油で炒めると吸収率が上がって効果的に摂取できます。

ミネラルやたんぱく質など、髪に良い栄養が豊富な食べ物です。
日々の食事に取り入れやすいというのもおすすめポイント。

レバー

栄養豊富な食品で、タンパク質・ビタミンB群やビタミンAを多く含みます。

ナッツ類

タンパク質やビタミンEなどが含まれます。ただしカロリーが高いので食べる量には注意。

乳製品

たんぱく質、ビタミン、カルシウムなどが豊富です。

薄毛に影響する食べ物

逆に、髪に良くない食べ物もあります。こういった食事ばかりの生活は止めましょう。

刺激物

皮脂腺の働きを活発化させることで髪の成長を阻害し、抜け毛を促進するリスクが高まります。

過剰な塩分

過剰な塩分は動脈硬化による血流の悪化を招きます。高血圧になるなど髪にも体に良くないので、減塩しましょう。

過剰な糖分

生活習慣病などの原因になりかねない糖分の過剰摂取ですが、
過剰な皮脂の分泌によって毛穴がつまり抜け毛を引き起こす原因にもなります。

アルコール

飲み過ぎはビタミンB1を消費してしまい、髪に栄養が届かなくなってしまいます。

外食・コンビニの食品など

質の悪い油や添加物といった健康上気になるものが多い食事は、もちろん髪にも良くありません。

 

栄養のいい食事が無理という場合は、サプリでサポートするのも選択肢です。(もちろんサプリだけに頼るのではなく可能な限り普段の食事を改善しましょう)
また、食事の時間はなるべく毎日同じにしましょう。

 

 

 

薄毛対策に効果的な食べ物を取り入れて生活改善しつつ育毛剤を使うと、効果的なセルフケアができます。

育毛剤の選び方…本当に効果がある育毛剤の探し方とは?