MENU

自分でできる頭皮ケアはどんなものがある?本当に効果がある?

マッサージやシャンプー、育毛剤の使用など…。自分でできる頭皮ケアも色々とあります。
薄毛が気になる、将来薄毛になることを予防するために、自分でできる頭皮ケアをしておきたいと考える人もいるでしょう。
ですが、自分でできる頭皮ケアは本当に効果があるんでしょうか。

自分でできる頭皮ケアは効果がある?

頭皮ケアとは、頭皮をケアして環境を良くすることです。頭皮の状態は、健康な髪を生やし維持するのに重要な要素となります。
そのため、正しい方法で行う頭皮ケアは薄毛対策として有効です。

 

男性ホルモンや遺伝が関係する薄毛(AGAなど)では頭皮ケアをしても意味がないと言われることもあります。
確かに、マッサージをしたり育毛剤を使ってもAGAによって進行する薄毛を止めることは難しいと言えます。
ですが、頭皮の状態が悪いとAGAによる薄毛がより進行しやすくなり、治療を受けてもなかなか薄毛が改善しない状態になりかねません。AGAであっても、頭皮ケアは行うほうが良いでしょう。

自分でできる頭皮ケア

自分でできる頭皮ケアには、二つのタイプがあります。
シャンプーや育毛剤といった外側からのケアと、体の状態を改善する内側からのケアです。

外側からのケア
育毛剤

薄毛が気になるというと育毛剤の購入を考える人も多いでしょう。
使用すれば毛を育てる効果を期待できます。

シャンプー

薄毛のための頭皮ケアを考えたシャンプーもあります。
そういったシャンプーに変えれば、頭皮の状態を良くする効果を期待できます。

頭皮マッサージ

お金を出して育毛剤やシャンプーを購入しなくても、マッサージによって頭皮の血流を良くしたり詰まった皮脂を押し出すことで頭皮ケアを行えます。
ただしやりすぎは逆効果になることもあるので、適度な力で適度な時間行いましょう。

内側からのケア
食事

健康のためには食事が大切です。そして頭皮環境も食事で大きく変わります。
髪に良いと言われているのはビタミンB群・タンパク質・亜鉛などですが、特定のものばかり食べず、バランスのいい食事ができるようにしましょう。
それが難しいという場合はサプリメントで補うのも手です。

運動

健康的な生活には適度な運動が必要です。
運動すると血流が促進されるため、頭皮にも栄養がしっかり届くようになります。
また、運動によって薄毛の原因の一つであるストレスを発散できます。

睡眠

髪にとって大切なのが睡眠です。
特に夜10時から2時に質の高い睡眠をとると髪の成長が促されるといわれます。
頭皮をきちんと洗って清潔にしてから寝ればより効果的になります。

 

日々の生活の乱れなどは思い当たる人も多いかもしれません。
良い育毛剤を使っても、体の状態が悪いと効果が出ないかもしれませんから、自分でできる頭皮ケアでは外側からのケア内側からのケアを一緒に行いましょう。

 

 

 

自分でできる頭皮ケアで改善が見られない場合は、プロのケアを受けてみるのもいいかもしれません。発毛サロンでは高い技術の頭皮ケアが行われています。

発毛サロンのランキング!発毛についての気になる情報まとめ