MENU

薄毛に効果的なシャンプーは本当に効果あり?選び方は?

薄毛が気になる、けれど育毛剤を使うのは躊躇する・面倒くさい…。
そんな人は、薄毛に効果的なシャンプー、いわゆる育毛シャンプーやスカルプシャンプーが気になるかもしれません。日々のシャンプーをこれに変えるだけで薄毛の改善効果が期待できるなら、良いですよね。
ですが残念ながら、薄毛に効果的なシャンプーを使うだけでは薄毛を改善することはできません。何かしら他に育毛促進や抜け毛予防を行わないと、実感できるような薄毛対策効果は得られないでしょう。
ただ、薄毛に効果的なシャンプー頭皮の状態を整えてから育毛剤などを使用することでしっかりと効果を出せるようになります。良いシャンプーを選び、薄毛対策の基礎を作りましょう。

薄毛に効果的なシャンプーの選び方

頭皮の肌質で適したシャンプーも変わる

毎日シャンプーしても頭皮が脂でベタベタする →オイリー肌
毎日シャンプーすると頭皮がかゆい、突っ張る →乾燥肌
シャンプーで痛みを感じたりする →敏感肌
毎日シャンプーしても上記のような問題はない →普通肌

乾燥肌や敏感肌、特に問題のない人は、低刺激なシャンプーを使うのがおすすめです。
オイリー肌の人は、少し脱脂力が高いシャンプーを使ってもいいでしょう。
皮脂が多いと毛穴がつまり、それが抜け毛の原因になることもあるからです。

 

男性の場合はベタベタする頭皮をすっきりさせたいと考え、洗浄力の強いシャンプーを使いたがる傾向がありますが、強い洗浄力による強い刺激は頭皮に良くありません。
ベタベタな皮脂も必要があって分泌されているわけなので、それを根こそぎ落としてしまったら問題があります。
ですが実際のところはすっきりさせたい男性の需要に合わせてか、一般的なお店で買えるシャンプーは洗浄力が高いものも多くあります。
この刺激が強いシャンプーが原因で頭皮環境が悪化し、抜け毛薄毛の原因になることもあります。注意しましょう。

成分を見る

シャンプーのボトルには小さな文字でたくさんの成分が書かれた成分表があります。
普段はあまり気にしないかもしれませんが、薄毛に効果的なシャンプーを選ぶ場合はしっかり確認しましょう。
「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウリル硫酸ナトリウム」は刺激が強く皮脂を落とし過ぎてしまうので、特に注意したい成分です。

シリコンは髪に良くない?

シリコンは毛穴詰まりの原因になるから、ノンシリコンが良いと言われることがあります。
ですが、シリコンは大きさ的に毛穴に詰まることはありませんし、むしろノンシリコンで髪が保護されずキシキシすると、その摩擦が悪影響になる可能性もあります。
ではなぜシリコンが悪いという話になったのかというと、シリコンが髪に付着しやすいので洗い残しやすく、その結果肌トラブルに繋がるからです。
シリコンシャンプーを使うなら、しっかりすすいで洗い残しが無いようにしましょう。
薄毛に悩んでいる場合はすすぎ残しの心配が無いノンシリコンが無難かもしれませんが、選ぶ場合は、別の問題がある成分が含まれないもの、髪がキシキシしない成分が配合されたものを選びましょう。

 

 

 

自分の頭皮の状態が知りたい場合は、発毛サロンのカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。プロによるシャンプーなどのケアを体験することもできますよ。

発毛サロンのランキング!発毛についての気になる情報まとめ