MENU

若ハゲの予防と対策!ハゲに悩まないためにしておくべきこと

ある程度年齢を重ねた人がハゲてくるのは仕方ない気もしますが、まだ若いのにハゲてきてしまう、いわゆる若ハゲになってしまうとかなりショックがあります。
若ハゲは一般的には10代後半から30代あたりで始まるもののことを言います。まだまだ若い10代からハゲに悩まされる羽目になったら、色んなことが楽しめなくなってしまいますよね。

 

ですが、若ハゲは予防と対策を行うことで効果が出やすく、治しやすいハゲです。
そんな若ハゲの予防と対策を知り、早めに悩みを解消しましょう。

若ハゲの原因

まずは、なぜ若ハゲになってしまうのか、その原因を知りましょう。

皮脂の過剰分泌

若い人は皮脂の分泌が特に多いのですが、それによって毛穴がつまり、炎症を起こし、頭皮湿疹を起こしてしまうと抜け毛の原因となります。
頭の洗い方が雑とか、シャンプーが合っていない場合もこの問題が発生します。

栄養不良

忙しい人、特に一人暮らしだと食事が疎かになりがちです。
バランスのいい食事をしないと、髪を作り育てる細胞にも栄養がいかなくなって、しっかりした髪の毛を作れなくなります。
また、極端なダイエットをした結果栄養が不足すると、生命維持に影響しない髪には栄養が行きにくくなります。

血行不良

血行が悪くなると、栄養が頭皮に行かなくなって若ハゲの原因となります。
血行不良になる原因にはストレス喫煙があります。

 

若い人は体力があって夜遅くまで遊べますし、仕事もバリバリできるため、健康にはあまり気を使わないことが多くあります。
また、就職して社会人となって今までと違う環境にストレスを感じたり、人間関係に悩むこともあります。
様々な要因が重なった結果、若ハゲが始まる原因となる場合もあります。

若ハゲの予防と対策

食生活の改善

バランスのいい、体に良い食事は髪にも良いものです。特にビタミン類はきちんと摂りましょう。
また、女性ホルモンと似た働きがあり男性ホルモンの働きを抑える大豆製品もおすすめです。
最近はコンビニなどのお弁当やお惣菜も種類が豊富ですから、忙しくて出来合いで済ませる人も栄養面を気にして選びましょう。

ストレスを溜めない

ストレスは頭皮の血行不良を招き、若ハゲへと繋がります。もちろんストレスを溜めるのは健康にも心にも良くありません。
髪のためにも心身のためにも、うまくストレス解消したいものです。
運動で体を動かすとストレス解消に効果があり血行も良くなるのでオススメです。

睡眠も大切

若い人は夜更かしして睡眠時間も短くなりがちですが、健康と髪のためには夜更かしせずきちんと寝る必要があります。
特に髪のことを考えると、成長ホルモンが分泌される夜10時〜2時のゴールデンタイムが大切です。

正しい頭皮ケア

頭皮の健康のためには、頭の洗い方やシャンプーがとても大切です。頭皮マッサージで血行を促進することもできます。
自分で行うことももちろんできますが、一度プロに相談してみたり、美容院や発毛サロンで行ってもらうのもおすすめです。
また、育毛剤を使用して髪を育てれば、若ハゲの予防と対策にも効果を期待できます。若い人向けのおしゃれな商品もあるので、気になる人は検討してみてください。

禁煙

喫煙は血行不良の原因となりますし、もちろん健康にも良くありません。
タバコはなかなか止められないものですが、若ハゲが気になる人はいい機会だと思って禁煙するのをおすすめします。

 

若ハゲの予防と対策で、薄毛の進行を阻止しましょう。

 

AGAの可能性も…?

若ハゲの原因には、AGA(男性型脱毛症)もあります。AGAは男性ホルモンが影響する脱毛症で、進行性のため放っておくとどんどん薄毛になっていきます。
頭皮ケアなどによって進行を遅らせることも可能ではありますが、きちんと対策するのであれば早めに病院に行って治療を受けることが必要です。

 

 

 

「もしかしたらAGA?」「AGAって何!?」という人は、こちらのページもどうぞ。もし不安があれば、専門のクリニックを受診することをおすすめします。

AGAについて…そもそもAGAとはどんなもの?治せるもの?